Raspberry Pi3 Model Bをセットアップ

Raspberry Pi3は、CPUコア数がRaspberry Pi Zeroの4倍でフルサイズの各種端子、有線/無線LAN、及びBluetoothを備えています。ここではRaspberry Pi3のセットアップ方法について解説していきます。

01: 機器準備

Raspberry Pi3 Model Bには、OS、電源などがないため、単体で動作させることができません。 ここでは、Raspberry Pi3 Model Bのセットアップ・動作させるために最低限必要な機材を紹介します。

機材 説明
Raspberry Pi3 Model B ボード&ケースセット 本体+ケース。(Raspberry Piは本体が剥き出しのため回路を保護する目的でケースがあると良い。)
USBアダプタ 5V/2.5A 最大電流2.5A(公式による推奨)を出力できるUSB電源。
マイクロUSBケーブル USB(A)オス-USB(Mico-B)オス。
microSD 4GB以上。高速なクラス10のものを推奨。
HDMIケーブル Raspberry Pi3の映像と音声をHDMIケーブルが接続できるディスプレイへ送るためのケーブル。
HDMIケーブルが接続できるディスプレイ Raspberry Pi3の映像と音声を出力するディスプレイ。
USBキーボード 有線のキーボードを推奨。
USBマウス 有線のマウスを推奨。
作業用PC 基本ソフト(OS)をmicroSDへインストールする際に必要。

私の場合、Raspberry Pi3 Model B ボード&ケースセット、USBアダプタ 5V/2.5A、およびマイクロUSBケーブルを購入しました。他の機材について既に所持していましたので、そちらを流用しました。

02: OSのダウンロード/インストール

OSのダウンロード/インストールを行います。     2-A:NOOBSのダウンロード/解凍     2-B:展開した内容をmicroSDカードへコピー

2-A:NOOBSのダウンロード/解凍

以下の公式サイトよりNOOBSをダウンロードする。(NOOBS LITEはインストール時に基本ソフト(OS)イメージをダウンロードするので、ネットワーク環境必須です。) https://www.raspberrypi.org/downloads/noobs/ 「Download ZIP」をクリックする。 ダウンロードしたZIPファイルを右クリックして「すべて展開」を選択し、現れたダイアログで「展開」ボタンをクリックすると展開が始まります。

NOOBSが含んでいる基本ソフト(OS)

インストール時に基本ソフト(OS)を選択する。

OS 特徴
Raspbian DebianをRaspberry Pi向けにカスタマイズした基本ソフト(OS)。
Pidora FedoraをRaspberry Pi向けにカスタマイズした基本ソフト(OS)。
LibreELEC Kobeメディアプレイヤ専用の基本ソフト(OS)。
OSMC 組み込み機器向けの軽量/最小な基本ソフト(OS)。 (Apple TVに利用されている。)
RISC OS ARM向けに設計された基本ソフト(OS)。
Arch Linux Linuxディストリビューション。

2-B:展開した内容をmicroSDカードへコピー

展開したファイルをすべてmicroSDカードへコピーする。必要に応じてmicroSDカード対応のマルチカードリーダー/ライターを使用してください。

過去にRaspberry Pi用の基本ソフト(OS)をインストールしたことのあるmicroSDカードは、SDフォーマッター4.0でフォーマットして下さい。SDフォーマッター4.0は以下の公式サイトよりダウンロードしてください。 https://www.sdcard.org/jp/downloads/formatter_4/

03: 初期セットアップ

    3-A:機器の接続     3-B:起動     3-C:タイムゾーンの変更     3-D:キーボードレイアウトの変更     3-E:Wifiによる接続

3-A:機器の接続

以下の機器を順不同に接続する。

  • Raspberry Pi3 Model B ボード&ケースセット
  • USBアダプタ 5V/2.5A
  • マイクロUSBケーブル
  • microSD
  • HDMIケーブル
  • HDMIケーブルが接続可能なディスプレイ
  • USBキーボード
  • USBマウス

3-B:起動

すべて接続しRaspberry Pi3に電源を投入する。 しばらくするとRaspberry Piの起動アイコンが現れる。 インストールする基本ソフト(OS)の選択画面が現れるので、Raspbianにチェックを入れ、上部の「install」ボタンをクリックする。 microSDカードの中身の消去を確認するダイアログが現れるので、「Yes」ボタンをクリックする。(インストールはクラス10のmicroSDカードで約10分かかります。) インストールが完了するとインストールの成功を知らせるダイアログが現れるので、「OK」ボタンをクリックします。 自動的に再起動され、Raspbian OSのデスクトップが開きます。

3-C:タイムゾーンの変更

Raspberry Pi Configuration(Menu -> Preferences -> Raspberry Pi Configuration)の「Location」タブをクリックし、「Set Timezone」ボタンをクリックします。 現れたウィンドウで、「Area」を「Asia」に、「Location」を「Tokyo」に選択して下さい。

3-D:キーボードレイアウトの変更

Raspberry Pi Configurationの「Location」タブの「Set Locale」ボタンをクリックする。 現れたウィンドウで、「Country」を「Japan」に、「Variant」を「Japanese(OADG 109A)」に設定する。

3-E:Wifiによる接続

アイコンをクリックしてネットワークを選択する。 パスワードを入力する。