WordPressをAWS無料枠に10分で構築

WordPressは、もともとブログソフトウェアとして開発され、今では、個人ブログ、企業サイト、公共機関のサイトなど多方面にわたって利用されている完全無料ツールです。ここでは、AWSにおけるWordPressの導入方法について解説していきます。

01: 必要なもの

  • AWSアカウント(無料で作成できる)
  • パソコン
  • インターネット環境

02: KeyPair/セキュリティグループの作成

KeyPairの作成

まずはマネジメントコンソールでEC2を選択する。 「キーペア」から「キーペアの作成」ボタンを押下する。 キーペアダイアログが現れるので、「キーペア名:」に任意の値を入力し、「作成」ボタンを押下する。「作成」ボタンを押下すると自動で秘密鍵がダウンロードされます。ダウンロードされた秘密鍵は後々、EC2インスタンスにアクセスするために必要になります。

セキュリティグループの作成

セキュリティグループは、インスタンスのトラフィックを制御する仮想ファイアウォールとして機能する。

「セキュリティグループ」から「セキュリティグループの作成」ボタンを押下する。 下記項目を入力し、「ルールの追加」ボタンを押下する。
セキュリティグループ名 任意
説明 任意
VPC デフォルト値
セキュリティグループのルール SSH、HTTP

03: EC2インスタンスの作成

「インスタンス」から「インスタンスの作成」ボタンを押下する。 「Amazonマシンイメージ(AMI)」として、「Amazon Linux AMI」を選択する。 無料利用枠の対象である「t2.micro」を選択し、「次の手順: インスタンスの詳細の設定」ボタンを押下する。 何も変更せず、「次の手順: ストレージの追加」ボタンを押下する。 何も変更せず、「次の手順: Add Tags」ボタンを押下する。 「値」に任意の値を入力し、「次の手順: セキュリティグループの設定」ボタンを押下する。 「既存のセキュリティグループを選択する」を選択し、先ほど作成したセキュリティグループと紐付け、「確認と作成」ボタンを押下する。 「作成」ボタンを押下する。 「キーペアの選択」に先ほど作成した「キーペア」を選択し、「選択したプライベートキーファイル…」にチェックを付け、「インスタンスの作成」ボタンを押下する。 「インスタンスの表示」ボタンを押下することで、作成したインスタンスを確認できる。

04: 固定IPアドレスの割り当て

EC2インスタンスの作成直後は固定IPアドレスが割り当てられておらず、再起動するごとに新しいIPアドレスが割り当てられてしまい、サーバーとして機能できない。

「Elastic IP」から「新しいアドレスの割り当て」ボタンを押下する。 「割り当て」ボタンを押下する。 新しいアドレスが割り当てられる。 「アクション」→「アドレスの関連付け」を選択し、先ほど作成したEC2インスタンスに割り当てられた新しいアドレスを関連付ける。 「インスタンス」にEC2インスタンス、「プライベートIP」にEC2インスタンスに割り当てられているプライベートIPを選択し、「関連付け」ボタンを押下する。 アドレスの関連付けが行われる。

05: EC2インスタンスにSSHで接続

bash


# KeyPair: KeyPair作成時にダウンロードした秘密鍵(上記例ではmykey_tokyo.pem)
$ chmod 600 <KeyPair>

# Public DNS: 下記画像の赤枠部分
$ ssh -i <KeyPair> ec2-user@<Public DNS>

06: インストール

Apache、php、MySQL

bash


# -y: 問い合わせに対してすべて「y」で答える。
$ sudo yum -y update

# Apache、PHP、MySQLのインストール
# httpd: Apache2.2系
# mysql-server: MySQL Server
# php: PHP
# php-mysql: PHPからMySQLへの接続ライブラリ
# php-mbstring: PHPでマルチバイト文字を扱う関数ライブラリ
$ sudo yum -y install httpd mysql-server php php-mysql php-mbstring

# ApacheとMySQLサーバーを起動
$ sudo /etc/init.d/httpd start
$ sudo /etc/init.d/mysqld start

# ApacheとMySQLサーバーを自動起動
$ sudo /etc/init.d/mysqld on
$ sudo /etc/init.d/httpd on

WordPress

bash


# WordPressをダウンロード
$ wget http://ja.wordpress.org/latest-ja.tar.gz ~/

# ダウンロードしたファイルを解凍
$ tar zxvf ~/latest-ja.tar.gz

# 解凍したWordPressのコンテンツを公開ディレクトリへ配置
$ sudo cp -r ~/wordpress/* /var/www/html

# コンテンツの所有者、グループをapacheに変更
$ sudo chown apache:apache -R /var/www/html

07: MySQLの設定

bash


# root権限でログイン
$ mysql -u root

# データベースの作成
mysql> create database wordpress; 

# ユーザの作成
# ユーザ名、パスワード: 任意の値
mysql> grant all privileges on wordpress. * to "<ユーザー名>"@"localhost" identified by "<パスワード>";

# 変更を反映
mysql> flash privileges;
mysql> quit;

08: WordPressのインストール

下記URLへアクセスする。
http://<Public DNS>/wp-admin/setup-config.php
「さあ、始めましょう!」ボタンを押下する。 下記項目を入力し、「送信」ボタンを押下する。
データベース名 「06: MySQLの設定」で作成したデータベース名
ユーザー名 「06: MySQLの設定」で作成したユーザー名
パスワード 「06: MySQLの設定」で設定したパスワード
データベースホスト localhost
テーブル接頭辞 wp_
「インストール実行」ボタンを押下する。 下記項目を入力し、「WordPressをインストール」を押下する。
サイトのタイトル ブログのタイトル
ユーザー名 WordPress管理画面へのログインユーザー名
パスワード WordPress管理画面へのログインパスワード
メールアドレス 任意
プライバシー 「検索エンジンによるサイトのインデックスを許可する。」のチェックを外す。