pyenvを利用してPythonの環境を構築する

pyenvは、複数のPythonのバージョンを簡単に切り替えられるツールです。pyenvを利用することでディレクトリ単位で異なるPythonのバージョンを使用することができます。ここでは、Python、pyenv、pyenv-vertualenvのインストール/利用方法を解説していきます。

01: Homebrewのインストール

bash


# Homebrewのインストール
$ /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

# インストールの問題をチェック
$ brew doctor

# バージョン確認
$ brew --version

## 補足 ##
# formulaの検索
$ brew search <formula>

# インストールされたformula一覧を表示
$ brew list

# formula一覧の更新
$ brew update

# 更新があるformulaの再ビルド
$ brew upgrade

02: pyenv、pyenv-virtualenvのインストール

bash


# pyenvのインストール
$ brew install pyenv

# pyenv-virtualenvのインストール
$ brew install pyenv-virtualenv

03: Pythonのインストール

bash


# インストール可能なバージョン一覧を確認
$ pyenv install --list

# anaconda3-4.3.0のインストール
$ pyenv install anaconda3-4.3.0
$ pyenv rehash

# グローバル環境の切り替え
$ pyenv global anaconda3-4.3.0

# インストールされているpythonを確認
$ pyenv versions

# pyenvのパスを通す。ターミナル起動時に自動的に読み込んでくれる。
$ nano ~/.bash_profile

# パーミッションを変更
$ chmod 600 .bash_profile 

.bash_profile


PYENV_ROOT=~/.pyenv
export PATH=$PATH:$PYENV_ROOT/bin
eval "$(pyenv init -)"
eval "$(pyenv virtualenv-init -)"

04: 仮想環境を構築

bash


# テストのディレクトリを作成
$ mkdir pyenv-virtualenv

# テストのディレクトリへ移動
$ cd pyenv-virtualenv

# anaconda3-4.3.0ベースの仮想環境を作成
$ sudo pyenv virtualenv anaconda3-4.3.0 test-env

# 作成した仮想環境を削除
$ sudo pyenv uninstall test-env

## 補足 ##
# 仮想環境のパス
cd /Users/hiroki/.pyenv/versions/anaconda3-4.3.0/envs/test-env

# 仮想環境へのハードリンク
cd /Users/hiroki/.pyenv/versions/test-env

05: pycharmをインストール

下記サイトからpycharmをダウンロードしてインストールする。 https://www.jetbrains.com/pycharm/ プロジェクト作成時に上記で作成したInterpreterを選択できる。