npmコマンドについてまとめてみました

npmとはNode.jsで作成されたパッケージモジュールを管理するためのツールです。Node.jsは、サーバーサイドのJavaScript実行環境であり、大量のリクエストを処理できたり、リアルタイムな処理が可能などの特徴があります。ここでは、npmコマンドについて解説していきます。

基本コマンド

bash


# グローバル環境にパッケージをインストール
$ sudo npm install -g <パッケージ名>

# グローバル環境からパッケージをアンインストール
$ sudo npm uninstall -g <パッケージ名>

# グローバル環境にインストールされているパッケージを確認
$ sudo npm ls -g

# ローカル環境にパッケージをインストール
$ sudo npm install <パッケージ名>

# ローカル環境からパッケージをアンインストール
$ sudo npm uninstall <パッケージ名>

# ローカル環境にインストールされているパッケージを確認
$ sudo npm ls

# バージョンを確認
$ npm -v

# リポジトリを検索
$ npm search <キーワード>

# package.jsonを作成
# 依存関係を記したJSONファイル
# node_modulesに入っているパッケージをdependenciesに追加する。
$ npm init

# パッケージのインストール、およびpackage.jsonのdependenciesに追加する。
$ npm install foo -save
$ npm install foo -S

# package.jsonのdependenciesに記述されている依存パッケージをインストールする。
$ npm install