condaコマンドについてまとめてみました

condaはPythonのパッケージを管理したり、環境をマネージメントするためのツールです。condaを利用することで、パッケージの検索、インストール/更新などを簡単に行うことができます。ここでは、condaコマンドについて解説していきます。

bash


# conda自体のアップデート
$ conda update conda

# 仮想環境の作成
$ conda create --name <仮想環境名>  python=<バージョン>

# 仮想環境の削除
$ conda remove -n <仮想環境名> --all

# 仮想環境の確認
$ conda info -e

# インストールされているパッケージの一覧を表示
$ conda list

# パッケージの検索
$ conda search <パッケージ名>

# 特定のチャンネル内に存在するパッケージの検索
$ conda search -c <チャンネル名> <パッケージ名>

# 全てのチャンネル内でパッケージの検索
$ anaconda search -t conda <パッケージ名>

# パッケージのインストール
$ conda install <パッケージ名>

# 特定のチャンネル内に存在するパッケージのインストール
$ conda install -c <チャンネル名> <パッケージ名>

# パッケージのインストール(バージョン指定)
$ conda install <パッケージ名>=<バージョン>

# パッケージのアンインストール
$ conda uninstall <パッケージ名>

「condaのactivate」と「pyenv globa」を併用している場合

「condaのactivate」で仮想環境へ切り替え後、「pyenv global」で環境を切り替えても上手く切り替わらない。

.bash_profile


$ echo $PATH
/Users/hiroki/.pyenv/shims:/usr/local/bin:/usr/bin:/bin:/usr/sbin:/sbin:/Users/hiroki/.pyenv/bin
$ python -V
Python 2.7.10

$ pyenv global anaconda3-2.5.0
$ echo $PATH
/Users/hiroki/.pyenv/shims:/usr/local/bin:/usr/bin:/bin:/usr/sbin:/sbin:/Users/hiroki/.pyenv/bin

$ source $PYENV_ROOT/versions/anaconda3-2.5.0/bin/activate opencv3-3.1.0
$ echo $PATH
/Users/hiroki/.pyenv/versions/anaconda3-2.5.0/envs/opencv3-3.1.0/bin:/Users/hiroki/.pyenv/shims:/usr/local/bin:/usr/bin:/bin:/usr/sbin:/sbin:/Users/hiroki/.pyenv/bin

$ source /Users/hiroki/.pyenv/versions/anaconda3-2.5.0/bin/deactivate
$ echo $PATH
/Users/hiroki/.pyenv/versions/anaconda3-2.5.0/bin:/Users/hiroki/.pyenv/shims:/usr/local/bin:/usr/bin:/bin:/usr/sbin:/sbin:/Users/hiroki/.pyenv/bin

$ pyenv global system
$ echo $PATH
/Users/hiroki/.pyenv/versions/anaconda3-2.5.0/bin:/Users/hiroki/.pyenv/shims:/usr/local/bin:/usr/bin:/bin:/usr/sbin:/sbin:/Users/hiroki/.pyenv/bin
$ python -V
Python 3.5.1 :: Anaconda 2.5.0 (x86_64)

condaの仮想環境を無効にした時、何故かanacondaのパスが追加される問題。仮想環境を無効にした後、追加されたanacondaのパスを削除する。

.bash_profile


# anaconda3-2.5.0 activate/deactivate
alias activate='source $PYENV_ROOT/versions/anaconda3-2.5.0/bin/activate'
path_remove ()  { export PATH=`echo -n $PATH | awk -v RS=: -v ORS=: '$0 != "'$1'"' | sed 's/:$//'`; }
alias deactivate='source $PYENV_ROOT/versions/anaconda3-2.5.0/bin/deactivate && path_remove "$PYENV_ROOT/versions/anaconda3-2.5.0/bin"'

Launcherを削除する場合

.bash_profile


$ conda remove launcher