Raspberry Pi3でpyenvとvirtualenvを利用してみた

Raspberry Pi3ではARMv7lプロセッサ用のMinicondaを利用できますが、利用できるpythonのバージョンに限りが出てくるので、今回はpyenvとvirtualenvを利用してみます。ここではRaspberry Pi3におけるpyenvとvirtualenvについて解説していきます。

01: 環境

  • Raspbian GNU/Linux 8.0 (jessie)

02: インストール

bash


# pyenvの動作に必要なパッケージのインストール
$ sudo apt-get install git gcc make openssl libssl-dev libbz2-dev libreadline-dev libsqlite3-dev

# pyenvのインストール
$ git clone git://github.com/yyuu/pyenv.git ~/.pyenv

# virtualenvのインストール
$ git clone https://github.com/yyuu/pyenv-virtualenv.git ~/.pyenv/plugins/pyenv-virtualenv

# ~/.bashrcの編集
nano ~/.bashrc

.bashrc


...
# pyenv
export PYENV_ROOT=$HOME/.pyenv
export PATH=$PYENV_ROOT/bin:$PATH
eval "$(pyenv init -)"

# virtaulenv
eval "$(pyenv virtualenv-init -)"

03: virtualenvの使い方

bash


# 3.5.1のインストール
$ pyenv install 3.5.1
$ pyenv rehash

# グローバル環境の切り替え
$ pyenv global 3.5.1

# 仮装環境の作成
$ pyenv virtualenv 3.5.1 new_env
$ pyenv global new_env
$ pip install numpy