Raspberry Pi3でFlaskを利用してみた

FlaskはPython用のWebアプリケーションフレームワークです。PythonのWebアプリケーションフレームワークとしてDjangoが有名ですが、FlaskはDjangoに比べて小規模なWebアプリを開発する目的で作られました。ここではRaspberry Pi3におけるFlaskについて解説していきます。

01: 環境

  • Raspbian GNU/Linux 8.0 (jessie)

02: インストール

bash


# 仮想環境の作成
$ pyenv virtualenv 3.5.1 flask-0.12.1

# 仮想環境へ切り替え
$ pyenv global flask-0.12.1

# Flaskのインストール
$ pip install flask

# hello.pyの作成
$ nano hello.py

hello.py


from flask import Flask
app = Flask(__name__)

@app.route("/")
def hello():
    return "Hello World!"

if __name__ == "__main__":
    app.run(host="192.168.11.20", port=9999)

03: 実行

bash


# hello.pyの実行
$ python hello.py
 * Running on http://192.168.11.20:9999/
192.168.11.3 - - [03/May/2017 04:24:34] "GET / HTTP/1.1" 200 -

04: Macで利用する場合

bash


# 仮想環境の作成
$ conda create --name flask-0.12.1 python=3.5.1 anaconda

# 仮想環境へ切り替え
$ activate flask-0.12.1

# Flaskのインストール
$ conda install -c anaconda flask=0.12.1