Tweepyを利用してみた

TweepyはPythonでTwitter APIを利用するライブラリです。Twitter APIには「REST API」と「Streaming API」の2種類があり、Tweepyを利用することで、これらのAPIを簡単に呼び出せます。ここではTweepyについて解説していきます。

01: Twitterアプリケーションの作成

下記サイトでTwitterアカウントを作成後、電話番号を登録する。 下記サイトでTwitterアプリケーションを登録する。
「Create my access token」ボタンを押下してAccess Tokenを作成する。

02: インストール

bash


# 仮想環境の作成
$ conda create --name tweepy-3.5.0 python=3.5.1 anaconda

# 仮想環境へ切り替え
$ activate tweepy-3.5.0

# Tweepyのインストール
$ conda install -c conda-forge tweepy=3.5.0

# sample1.pyの作成
$ nano sample1.py

sample1.py


import tweepy

CKEY = "<Consumer Key>"
CSECRET = "<Consumer Secret>"
auth = tweepy.OAuthHandler(CKEY, CSECRET)
ATOKEN = "<Access Token>"
ASECRET = "<Access Token Secret>"
auth.set_access_token(ATOKEN, ASECRET)

api = tweepy.API(auth)

api.update_status(status="こんばんは")

03: 動作テスト