TimeMachineの不具合

TimeMachineはMacに内蔵されているバックアップアプリです。すべてのファイルを外付けハードディスクにバックアップするので、後でファイルを復元したり、過去のファイルの状態を確認できます。ここではTimeMachineの不具合について解説していきます。

症状

次回のバックアップがスキップされる。

解決策

NVRAMをリセットする。

起動音が聞こえた直後に「Option」+「Command」+「P」+「R」キーを押し続ける。 2回目の起動音が鳴ったら、すべてのキーを離す。
起動後の注意点
リセットされた設定内容(音量、画面解像度、起動ディスクの選択、時間帯など)を確認する。

キャッシュを削除する。セーフブートモードで起動する。

起動音が聞こえた直後に「Shift」キーを押し続ける。 2回目の起動音が鳴ったら、すべてのキーを離す。